ぐっちゃんは語りたい

ぐっちゃんヌンティウスは語りたい

谷口の色々を綴ります 海外旅行 音楽 ライブ サッカープレミアリーグ

シンガポールの中のインドの話し


シンガポールは他民族国家なのでいろんな民族の人が住んでいます



今回はカオスなインド人達が作った、リトルインディアについてです




スリ・ヴィラマカリアマン寺院


入場料無料ヒンズー教寺院です。


シンガポールではスリ・マリアン寺院も有名ですがこちらはカメラ撮影料を取られるので300円が惜しい人はこちらに出向いてください。






イナバ物置もびっくりでございます



中もカラフル










お坊さんがお祈りをしています











なんとなく魔法陣グルグルキタキタおやじを彷彿とさせるシヴァさん。












ヒンズー教は 知れば知るほど面白いです。



ヒンズー教の奥深さはこの絵を見て察してください









リトルインディアアーケード


テッカセンターなんかは有名ですね


市場のようなものです


谷口は時間がなくて行っていませんが、アーケード沿いはこんな感じ。




神様に捧げる花や食物が売ってました








ムスタファセンター


シンガポール版のドンキホーテです




リュックは犯罪防止のため入り口で預けます






インド人の民族衣装、サリーや






インド映画のDVD





日用品からお土産まで





なんでも揃う。しかも



24時間営業



最強かと思いきや、トイレは最低なので気をつけてください






以上、インドの話でした〜

関西初出店のタコベルに行ってきました


どうもみなさまお久しぶりです。


ぐっちゃんヌンティウスです。



ついに関西にも、アメリカ発のタコス専門ファーストフード専門店「タコベル」がオープンしましたね。


無類のタコス好きの谷口は早速行ってきましたので書きたいと思います


タコベルとは

アメリカのカリフォルニア州で誕生したタコスのチェーン店です







日本ではタコス屋さんはあまり見かけませんが、カリフォルニアやメキシコに行った時にはたくさん屋台や店がありました。



大阪のたこ焼き屋並みの頻度で、カリフォルニアではタコス屋さんを見かけました。



谷口がタコベルをオススメする理由

ドリンクバー

ファーストフード店なんですけど、自分でドリンクを入れることができ、飲み放題です。


ドリンクメニューはこんな感じ






おい、ドクターペッパーあるやんけ!!!!



ここで谷口のテンションはMAX


ドクぺをここぞとばかりに飲水しまくりました



生地の硬さ、肉の種類が選べる


タコスといっても、挟む肉や生地がソフトがハードかで少し味も変わってきます


タコベルさんではそれらが選択できるのがいいなあと思いました



実際に行ってみた


オープン翌日にいってきました


新店ということもあり、かなり店内は綺麗でした




なんとコンセントまで完備



メキシコの市場でも良く見るパペルピカドが飾られています




いい感じにメキシコアピールしていますが、
あくまでもカリフォルニアのファーストフード店です。




谷口はソフト生地のチキンと、ハード生地のビーフのタコスセットを注文













これや!アメリカで食べたやつや!



アメリカでは谷口の英語がクソなせいで注文方法が意味わからんくて全てオススメを注文したのでタコスじゃない奴が出てきたりしましたが日本では好きなものを頼めます



日本サイコー!!



ハード生地は食す時の難易度が高めです。手がドロドロになりやすいです。



谷口はソフトのチキンをおすすめします






地図を下に記載しておきますね。



あの有名なグリコの近所なのでわかりやすいと思います





皆さんもぜひいってみてください



Hasta la Vista

シンガポール アラブストリートで中東を感じる

どうもぐっちゃんヌンティウスです


最近blogサボり気味ですが地味に読んでくれてる人がいるみたいなので地道に更新して行きたいと思います



さて今回はシンガポールのアラブストリート編でございます

サルタンモスク

シンガポール最大のモスクです






土足厳禁、足の露出もダメなので男性でもスカート見たいなのを履かなければいけません

無料で貸し出ししてくれますよ〜


こいつらは新たな性癖に目覚めた様子




モスク内には日本人のムスリムの方もいらっしゃって、イスラム教について教えてくださいました


最近テロなどの影響で誤解されつつありますがとても良い宗教で、ムスリムの方の信仰心は素晴らしいものだと思いました。








頼んだら写真も撮ってくれます




シンガポールザムザム

 シンガポールザムザムは(singapore zam zam)雑誌にも多数掲載されている飲食店です



イスラム風のお好み焼きで「ムルタバ」という料理が売りの店です





※ 我慢できず食べかけ



これ素朴な味で個人的にめっちゃ美味い


玉ねぎや卵、肉などが入っています


なんせ薄味日本食LOVEの谷口にとっては最高でした



 ムルタバ以外にもビリヤニやカレーなどいろいろありましたよ〜




ジャマール・カズラ・アロマティックス

JAMAL KAZURA AROMATICS はアルコールと水を使用しない香水を売ってくれるお店です


何よりアラビアンな香水入れが可愛いんです



 

香水も好みのものをブレンドできます



ジョニー(仮)は日本語も話せます





谷口もいい年だからと購入しましたが、まだここぞというときが来ていないので未開封です




ハジ・レーン

女子のお好きなシンガポールを代表するオシャレなストリートです


オシャレなショップやカフェが立ち並んでいます












あれやな、大阪でいうたら中崎町やな(行ったことない)





おすすめはコロンビアの原住民が手作りで編むモチラバッグを取り扱ったお店「Kolombiana」です











バッグも可愛いけど店員さん美人すぎやろ








そしてこれ。








アーセナル!!!



プレミアリーグシンガポールでも人気なようです( ◠‿◠ )







小話

実は谷口、アラブ人にモテる説というものがありまして以前神戸のビアガーデンで謎のドバイ人にお姫様抱っこをされるという珍事件があったのです。






今回はノーチャンスでした



以上アラブストリートでした

シンガポールの海の話


シンガポールといえば常夏、年中海水浴ができます。




ただ、あまり水質は綺麗ではありません



そりゃ超人口密度の高い発展途上国ですからね


真夏のスパワールド並みの密度です ※谷口調べ



そんなシンガポールにも泳げる海水浴場があるんです



代表的なのがセントーサ島にある2つのビーチです。



シロソビーチ

観光地にありがちな写真スポットがあります。


詳しくはシロソビーチでググってみてください


1番ポピュラーなビーチで人も多いようです。


パラワンビーチ


谷口が今回行ったのはここです


そんなに混んでなくて良い感じでした


須磨海岸のようなウェイな感じはなくほどよく谷口のようなインキャでも楽しめそうでした




変な木があります


シャワーやロッカーもあります


シンガポールでは日本人もいましたが、やっぱり水着ではしゃいでいるのはほとんど欧米人のねーちゃんでした。


ボンキュッボン。横に並びたくないですね


海外に行くと白人さんはみんな浮き輪なしで泳いでるような気がします。


メキシコで溺れて死を覚悟した谷口にも泳ぎを教えていただきたいものです。



ここはこんな吊り橋と、


[




北半球で一番南という地点があります




吊り橋はめちゃくちゃ酔いますのでご注意を


謎のやぐらみたいなのに登るとこんな景色でとても綺麗です




しかしこのやぐら、だいぶミシミシゆうてるしいつ崩壊するかっていうクオリティです。






お時間がある方はインドネシアビンタン島に行くのがオススメです


白い砂浜でサンゴ礁も美しいビーチです。


片道50分で行くことができます

お時間のある方は絶対おすすめでございます



本日も読んでいただきありがとうございました!!

アーセナルプレシーズンマッチ in 上海


どうもぐっちゃんヌンティウスです




7月19日にイングランドプレミアリーグアーセナルプレシーズンマッチを観戦するために上海に行ってまいりました。




私ごとではございますがこの日は谷口の誕生日でした。祝


なんといい響き、誕生日アーセナル



上海体育場でバイエルンミュンヘンとの試合でした。



バイエルンといえば地獄のCLを思い出しますね。


詳しくは語りません、泣きそうになるから



チケットは鬼高かったんです。A席、1万5千円くらいしたのに3階席という。


これぞ中華マネー。




熱男グーナーも遠くから参戦してます



ウェールズ国旗を腰に巻いたラムジー狂チャイニーズは自作のラム旗作成して配ってました



谷口は気温39度の上海の洗礼を受け目に汗が入ってよくわからん状態に




むだに谷口も色んなとこで旗を掲げます






そしてスタジアムの前にはパクリユニフォームの店乱立





これも中国の風物詩


おそらくアーセナルを知らないけど来てみた、って人はファン・ペルシーとソングのパクリユニフォームを購入してました。


しかもスタジアムでユニフォーム着てる人半分以上ぱくりユニフォームでうんこな気分になったのは内緒




スタジアムではなぜかバイエルンファンの方が圧倒的に多かったです。


応援は謎の太鼓を使ってチーム名を連呼







試合はバイエルンの攻めの時間が多かったですね


途中審判の疑惑のPKで先制されたり、笛吹きまくられたり、チェフが神セーブ連発したりといつもにまして汗かきまくりの谷口でした


後半 アディショナルタイム終了間際にイウォビの最高のコースへのヘディングで同点に追いつきPK戦に!


ここでマルティネスさんのPKの強さに驚愕、なんと勝利


勝利


谷口感極まって号泣 謎のゴリラ中国人絶叫


誕生日の日にドラマチックな試合を観戦できて最高でした



憧れの選手たちを目の前で見れて言葉に表せれんくらい感動したけどエミレーツで見るアーセナルはもっとすごいんだろうなあー






というわけで谷口、12月にはロンドン行ってきます



Arsenal till I die !!